Take it easy.
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
03/24
嫌われる勇気
 ドラマの方。最終回見たのは先週だったけどメモ。
03/07
アルドノア・ゼロ
 放映時期に3話くらいまで見て中断してたの。録画ぼちぼち消化するべと見始めたら2クールめに入って止まらなくなった。

02/08
この世界の片隅に
 やっと近場で封切りになったので、さっそく、でもないな(1ヶ月後)、ようやく見に行きました。

01/29
ゲーム・オブ・スローンズ第1部
 マイテレビでスタチャン受信できると気付いて、再放送予定調べたらすでに1話は終わってて見はぐりましたが、2話からは間に合った。
 キャラの多さもあって公式の人物相関図や wiki のエピソード記事で復習しながらで、5話くらいまでは自分には合わないかもと思っていたけど、終盤の9話10話は先が気になってわくわくであります。
11/15
ダーク


 読んだのは9月だったかな^^; ひさびさ感想メモ。(気がつくと fc2 から amazon 連携ツールもなくなってた)

 予備知識なく読んだら女性主人公なハードボイルドでした。女ならではの波瀾万丈な(婉曲表現)いろんな目に遭う。強さ一辺倒でもなく、弱さも率直に描かれている。あーこれこれ。まるで銀金の真秀だわ。あっちはティーンエイジャーでコバルトなわけだが。
 読了後ぐぐってみたら、ミロはデビュー作から連作で描かれているヒロインで、ずっと読んできたファンにはけっこう不評だったらしい。うーん、そうかあ。いいな、と思った自分は少数派なのね。マイノリティ上等。
 以前にグロテスク読んで感じたのは、作者の桐野さんは女性という同胞に篤い人だよなあ、ってことで、このダークが書かれたのはずっと前なんだけど、その印象が変わることはなかったです。盲目の久恵のしたたかさなんか、すさまじいけど作者的に憎悪みたいな感情はないだろなあって感じる。リアルに存在していたら関わりたくない人だけども(笑)。
 ミロはストロベリーナイトの竹内結子さんのイメージで読んでました。姫川玲子だとちょっと若いかな。ダークはひょっとしたら、女が体張って生きるハードボイルドものの嚆矢だったのかもしれないな、などと思いました。や、嚆矢って使ってみたかっただけね(笑)。
Copyright © 2017 頭 中 下 層 .
all rights reserved.